8月21日 キンキキッズコンサート 仙台 レポもどき その2

その1で、半分は「文句書いている」んどえ、きちんとレポしますね。

「33分探偵」のロケが暑い!と言う流れから、「スシ王子」の時も暑かったので、業務用の冷風機を買った」と言う流れ(大阪でも言ってました)で、「そう言えば、大阪でそんな事言ってたな~」と。

「良いよ~、貸すよ~。業務用クーラー(冷風機?)」と光一さん。剛君が「4秒間?」(業務用クーラーを聞き間違えてます)そう「4秒間じゃなくて、ヨウムヨウフニャラ~(わざと、4秒間と聞こえるように言います)」

「ほら~、やっぱり4秒間って言ってるや無いか~」と剛さん。光一さんは「今はわざと4秒間と聞こえるように言ったんだも~~ん」って、あんたら、来年三十路でしょうが~~と思う私。

「良いよ、使いなよ~~。事務所の衣装保管場所かなんかに置いてあるはずだから。貸出料一日5万円な~」

値段の高さに、よろよろと倒れる剛君。そばに行って「ココニイルノハ~ モシヤ・・」と昨日と同じ流れ何回かやって「きりが無いから」と。

そこの流れだったか「高橋さん」が、暑さのために「ハンドタオルを氷水に漬けて、それを頭に乗っけている」のですが、時として、それでも足らずに「氷嚢」を乗せるんだとか。

高橋さんが頭の上に氷嚢を乗せている姿が「イチゴ大福にホイップクリーム乗せているみたい」でおかしい~と剛君はツボだとか。

この時だったかな?仏ロボの話題に再び。
デーモン小暮さんのようなメイクで、しかし眉がゲジゲジ。額の真ん中に大きな黒子(ほくろ)

それで、仏。でも、動きが疲れのためギクシャクしているので「仏ロボ」

現場では、足ツボマッサージで、足の裏にゴルフボールをゴロゴロと当てると血流が良くなると。それで、高橋さんが試すと、動きが良くなって来たのだそうですが、25から30分で元に戻ってしまったとか。

「あの世とこの世をつなぐ、仏ロボ、光臨~~」と現場で遊んでいるとか。光一さんは「楽しそうな現場やね~」と。

「33探偵は予算が無いので、『目覚まし』やら『太陽と海・・』の月9のスタジオセットを借りて収録しているそうです。

光一さんが「じゃあさ~、ライブ中に殺人事件とかで、ライブ会場で収録すれば良いじゃないか~」と。

剛さんが「光一さん!そんな事言ってはだめじゃないですか~。言ったでしょう?あのドラマの予算は、非常に低いのだから~!」(要らない話でしょうが、短絡に『低予算番組に出ているんだ~』と馬鹿にしたい方に言いたいです。

低予算で、視聴率がそこそこ良かったり大化けして高い数字だと、製作者側には『良い番組』となりますのです。

反対に『高い予算を取った割りに、数字が悪いとか収益が悪い、玄人受けも悪い作品になると、赤字決算で製作者が頭抱えないとアカン事とされます』)

「そうやな~、今、不景気やからな~、予算、何処も厳しいらしいしな~」と光一さんも。

「ね?だから、嫌な話だけど、ギャランティーとかの問題も発生するんですよ~。そしたら、お前はノーギャラやで~~」「良いよ。俺達、収録の間、裏で待機してるから~」と。

「あのね~、収録って、たった数分のシーンでも何時間も掛かって撮影するって知ってるでしょう?もしやるとしたら、朝4時とかにお客さんに収録してもらわないと~。そんなの無理でしょう~~」

「無理じゃない~~、来る~~」の声も客席から。

光一さん「でさ~、今、何話撮ってるの?」「今6話かその辺だから、今から無理でしょうが。台本出来てるし」

「ええやん。この間の靴下みたいに、突然、ストーリー変えて『六郎はライブ会場に現れた』とかすれば」と滅茶苦茶を。

最初は「無理です~」とか言っていた剛さんも「まあ、続編が有れば、続編でならばナントか」と何度も言ってましたので、もしかすると・・と思う私は阿呆かしら?

「面白いじゃん。キンキのライブで殺人事件がとかさ~」「そうしたら、俺、台の上から登場しちゃいますよ~」って、剛君まで乗ってきて。

「この前、キンコン西野の番組出たやん?そん時に『おい、このスタジオセット貸せよ~』と言ったら『アカンですよ~、兄さん。』とか言いながらも上の人に相談してくれてるみたいだし、皆に協力してもらってるんだ。何せ、低予算だから~」と

光一さんは「だったら、余計にライブ会場使っちゃえば~。俺や建さんは裏で待機してるから」と。何処までも「ライブ会場使う気満々」

「だから~、なんやかんやはなんやかんやなんですよ~。で、ここでは言われへん大人の事情とか有るから、そう簡単にいかへんし言われないから『なんやかんや~~』と言ってるんですけど。あなたも業界人ですよね~」と光一さんに。

でも、本当に実現したら面白いですよね~。

台本がいい加減だと言う話から、「それなりは、それなりなり(だったと思えますが)」と。光一さんが「まだそれなら良いじゃない。俺なんか、魚の目を見て、ギョ!だぜ~」と。

昨日のライブでは「スシ王子」の話も出てますよ。沖縄ロケの暑かった話も、気仙沼で「寒い時期なのに、スシ職人の上っ張り一枚で凍えそうだったとか」の話とか。

どんな事が有っても「弱音を吐かない堤さん「駄目だ~、今日は収録中止~」と言うほどの寒かったり条件が悪かったロケも有ったとか。

本当に「ドラマの収録」って、苦労が絶えないんですね~、我々なんか、そんな事お構いも無しに文句言ったりしてますのですが。やってう人は大変だ~と思えます。

そして、20日は、日中暑くても、夕方から寒かったから「なんで、仙台も気仙沼も寒いんだ?」と二人で言ってました。

すみません、それは、仙台が緯度が高いからだと思えますが

収録の大変さを物語るのに、「目覚まし」テレビで撮った時に、なんと、六郎とリカコは、普通の服装だから良いけれども、高橋さんは上下ピンクのパジャマで、肩に熊の縫いぐるみを乗せて、刑事役の方は「警視庁と書いてある短パン」にタンクトップに帽子をかぶって待機しているとジロジロ見られて恥ずかしいと。

光一さんも「判るわ~、俺もギョ!って頭が逆立っている時、スパーサイア人みたいな鬘の時に、時間待ちしていて恥ずかしくてさ~、用も無いのに台本チェックして、@@@@とか****とか(忘れましたが、業界用語)を使ってみせたりしてさ~、なんとなく、こんな恰好してるけど、ちゃんと仕事してるんですよ~、みたいにカッコつけたりしてね」と。

剛さんが「ドラマでは、ガチャピン・ムックも走ってるんだから~。最初は、大変だろうから無理だろうと思って頼んだら『良いですよ~』と言われて、走ってもらった。ほんと、色々な人のご協力で出来たドラマなのだ~」と言ってました。

「駄目ですよ~。ガチャピンムックを走らせちゃ~」と光一さんが言います。「彼らは余計に暑いんだから~」と。

まだまだ続きますが、一旦、切ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0