長崎原爆記念日

実は、広島の原爆ドームには行っていません。なぜ?偉そうな事書きながら・・と言われるかもしれませんが。

広島に行った事が無かったからも有ります。そして、じゃあ、去年のソロコンの時に行けば良かったのに~とお叱り受けそうなんですが。

私の中では「広島の原爆ドーム」と言う場所は、大学生の時のサークルの大先輩(女子大ですが、サークルは近所の大学の男子が参加していました)の「泣き顔」と彼の言葉によって「気軽く観光気分で行ける場所じゃない」のです。

剛君のソロライブに行ったついでと言う感じで行くには「重い場所」です。去年の家族旅行も泊まったのは「倉敷」と「徳島」でしたから、広島市内には行きませんでした。尾道には倉敷からドライブかてがて行きましたが。

しかし、長崎には修学旅行で行きまして、凄い衝撃を受けました。多感な高校生の時、その晩から「お肉とソーセージ」が食べられなくなってしまい、当分菜食していました。

目を閉じると、記念館の中の「胎児の写真」とか「壁に焼き付けられた人の残像(凄い光で、影だけ焼きつき身体は消えてしまっている)」とかが浮かび消えませんでした。

そう言う思い出が有る「長崎」でして、この日が来ると「広島の日」の大先輩の泣き顔と悲痛な叫びを思い出し、「長崎の日」が来ると、記念館の写真を鮮明に思い出します。

こう言う時は、我が「映像として記録してしまう脳の記憶力」が少々苦しくなります。

ライブ映像などが「脳内再生」出来るのは、非常に便利なのですが。

どなたが何と言っても「核兵器」に限らず、生物兵器、化学兵器などの「子供や孫の代」にまで影響の出るような兵器は、絶対に使うべきじゃないと思ってます。