5月14日 楽天世界遺産ライブレポもどき その2

聞きなれたいつものナンバーもアレンジが違うと、ぜんぜん違う曲のようです。

明日香と言う土地に相応しいと剛君が思うアレンジなのかもしれないです。

このメンバーの音は何時聞いても、音が大人?っぽい気がします。土屋さんのギターの音は色っぽさが、Mrセクシーの竹内さんのギターとは違う色っぽさに感じます。
勿論、どちらが上だとか下だとかじゃ無くてです。これはあくまでも私の感想ですが。

何時も思います。重大な間違いが有りました。謹んで訂正してお詫びします。本来ならば間違えるなんて言語道断なのですよね。本当に申し訳ございません。テンプルズとしては建さん、十川さん、スティーブさん、屋敷さん、薬師寺の時は名越さんですが、今回は土屋さんと言うそうそうたるメンバーの真ん中に立てる剛さん。

やはり凄いな~と思うし、我われファンも凄い贅沢な音が聞いているのだと思います。

このメンバー屋敷さんのドラムの音の力強さが凄い。スティーブさんの「姿が見えない」私にも、音だけで「スティーブさんだ~」と思う音にも負けずに、屋敷さんのドラムが鼓動を打つように感じられます。

明日香の大地の鼓動みたいです。明日香の「石舞台」は「パワースポット」だと言うのがヒシヒシと感じられます。

「北斗の拳」が大好きな剛君の頭の上に「北斗七星」が輝いているのですよ。最初は曇っていた空が、進行とともに雲が切れ星が見え始め「あれ?」と思ったら「七つの星」です。

もしかしたら「UFOと同じく勘違い?」だったら恥ずかしいな~と思い、近くの人に確認しましたら「北斗七星ですよ」と言われました。あの4つの柄杓の水を汲む所がひっくり返った形でそこから延びる3つの柄杓の柄に並ぶ星。

こんな素敵なことって無いと思えますが。

剛君は何度も言います。「愛は貰うものじゃなくて与えるものだ」と。「見返りを期待しての行為」じゃ無い行為を「愛」と言うのだと思えます。

そして「こんな時代だからこそ、一人一人が変わらないと日本は良くならないと思う。私には関係ない、私には難しくて判らないと逃げていないで、向き合わないといけない時代だと思う。僕は心から日本を変えたいと思う」と。

何度も繰り返していました。私は凄く嬉しかったです。こんな事を言うと生意気だと思われるだろうし「何様?」と言われると思えます。

しかし外国のタレントさんなどは、例えどんなに新人さんでもインタビューや何かの時にきちんとメッセージを述べますと思えます。

アカデミー(映画の賞)でもグラミー賞(音楽の賞)でも、受賞者は政治や世界情勢の事を話題にしたりします。

「愛」を歌う場合も「男女の愛」だけじゃなく「世界への無償の愛」とかをテーマにしたりします。

そして必ずと言って良いほど、有名なタレントさんは何がしかの「ボランティア」や「チャリティー」活動をしています。それが「タレント」として「人の上に立つものの義務」だと考えられるからです。

Jフレンズのような活動を剛君だけでも出来ないかな?と思えます。15日の女性だけのチャリティーの会合にも、演歌歌手の女性も参加されてましたしね。

元女優さんも野球の監督夫人もその会とは別の慈善行為団体にご本人様の名前で女性で入ってられます。15日にご一緒した方が「最近、芸能界の方の参加が多いのよ」とおっしゃってましたから。

今後はドンドンと芸能界もスポーツ界もそう言う流れにならないかな?と明日香の地で深く思いました。

閑話休題

石舞台のチケット。一般販売のためか?明らかに何時もよりも男性のファンが目立ちます。それもバリバリの「コスプレ」だったりします。

御家族連れだったりとかもしました。そして4日の昼間に食べたお店のご主人様が「一度ライブに行きたい」とおっしゃってました。ぜひぜひ聞いて貰いたいと思えました。

残念ながら「14日の14日では、チケットも無理だし、お店も休めないだろうし」

再び脱線しましたので元に戻します。

剛君は今、次のステージに足を踏み出している?と感じました。

おそらく「人よりも歩みが速い」のでしょうね、きっと。だからこそ「理解されない」ことも多いのじゃないか?と思えます。

実は今回ご一緒した方は、竹内さんのファンで剛君の事を最初は知らなかったと。やはり「ジャニーズ」と言うくくりが邪魔をするのじゃないか?と思っています。

でも実際に歌を聞いてみたら、なぜか「ストン」と落ちたと。

それ以来キンキコンも剛君ソロも行かれているそうです。

思いますのに「難しく、こう有るべきだ」と決め付けないで、音に身を任せてみたら良いのじゃないか?と思えます。

心の状態や耳の状態や経験値などによって、好きな音楽も変わってくると思ってます。

クラシックは退屈!と思っていた私も、今ではその心地良さにはまっています。

万が一、剛君の音楽を受け付けなくなったら、そのときは時間を置けば良いのでは?と思えます。

あれだけの声は練習して出るものじゃない。天性のものだと思えます。それは素人にしてはクラシックの声楽家の声を聞く機会が最近多くなって参りまして、クラシックの学校を出たからと言って「全員が全員、声が出る訳じゃない」と思う次第になって来ました。

剛君の持つ声は「先天的な声の質」はかなりのモノだと思うのですが。え~、どうせイタイ意見です。

「Love is the key」って、やっぱり色っぽい曲ですね。アップテンポではなくてスローなアレンジだからかな?余計に色っぽい感じがしました。

この曲が一番最初と言うのは、このライブの「テーマ」が「LOVE」だったからなんだ~とはライブ後に気が付きました。

「ソメイヨシノ」この曲で私の脳裏には、目に見える星のまたたきとともに4月11日に見た「吉野の桜」の風景が浮かびました。

そして吉野の桜はその山の中で流されただろう多くの南朝のの人の血や彼らを追ってきた人の血が流される悲劇をじっと見つめ、そして弔うかのように山全体に咲いていたのだろうと思いました。

「空~美しい我の空~」
イントロが流れると「西大寺」の景色が浮かびます。

この歌は、東儀さんとのコラボでも有り、PVも大好きなのでベスト5に入ると思えます。

何時もよりももっと穏やかに緩やかに歌われていた気がします。

悠久の時間が流れる石舞台に流れるこの曲。思わず泣いていた私です。

「春涙」

何度も聞いた曲ですが♪逢いたいよ~♪と剛君の声が響きます。やはり「シングルカット希望曲」第一位なのが頷けますね。

「東京で眠れなかった時に空がピンクだった。奈良の空の色と一緒だった」と言う前振りとともに歌った「PINK」

久しぶりで聞き、アレンジもかなりスローにして有り、かなり雰囲気が変わりました。しっとりと艶の有る声で歌いあげられる曲。

半端な音響の悪い体育館やホールの「残響」に悩まされるよりも野外の音が流れて行ってしまう方が「残響」の煩わしさが無い分、聞きやすいかもしれません。生意気を申すようですが。

ドームまで残響が酷いと笑えますが。

「Say Anything」

ボニーピンクさんとの曲。これも好きですね。剛君の英語の声が好きなんですよ、私は。

もうね、ファン失格かもです。ステージの上の剛さんをガン見するよりも「星空」を見上げながら、「風を感じながら」歌に聞き入っていたいと思う気持ちで一杯でした。

何度も訪れてはタクシーで走り回る私ですあkら、運転手さんに「この先行くとXXが有りますよね?」とか言い出して「XXさんは私の代わりに運転してガイド出来ますな~」と御世辞を言われるほどになりました(爆笑)

そんな奈良好きな私が、剛君がいて剛君の歌が有って、奈良で奇跡的に雲が晴れた星空を見られるチャンスなんて滅多に無い事。

ステージ上の剛君はあの日じゃ無くても感じられる事は出来ますが、奈良で「北斗七星」を見るなんてチャンスは滅多に無いはず。

凄く貴重だと思えました。

賛否両論が有るMCかもしれませんが、少なくとも私は「人のせいにしていないで、政治でもなんでも自分自身の責任で向き合う」と言う剛君の考えにエールを送ります。

もっと詳しいレポは、loveつよ(朔様のブログ)や綾なす夢(睦月望嘉様のブログ)に有ります。

今回は、流石に色々と残務処理が有り過ぎて「時間は取れない」し記憶は定かじゃないので、ごめんなさい。

最後の挨拶の時に「今日は寒い中ありがとうございました」と言う剛君に「温めて~~」と言う声が。剛君は苦笑しながら「なんだか世界遺産ライブで結構に高尚な話していたのに、一気に雰囲気が安っぽ~~くなりました」と(笑)

そして「暗くて道がデコボコしているので御足許に気をつけて御帰りください。昨日マネージャーが足を穴に取られて転びまして、僕のかばんを下敷きにして無事でしたが、かばんはエライ目に会いました」と

そこで「送って行って~~」と声が。「いや~、送って行ってもその後どないしたら良いか判らんから」と(苦笑)

そしてライブは9時半前に終了。

アンコールも無く皆様帰られます。私は入り口でカメラを預けたので戻そうと思ったら「別の入り口です」と言われました。

掛かりの方が「こちらにどうぞ」と白いシートを捲りあげてくださって「え??」と「ひょっとすると」とかぬか喜びの私(殴)アホウの極み。

しかしワザワザ違う入り口まで案内してくださいました。

凄い人です。タクシー待ちも長蛇の列。タクシーの運転手さんと連絡を取りながら待ち合わせ場所に急ぎました。「やっぱり今日も長引きましたね」とは何度もライブに付き合って頂いている運転手さんの言葉です。

「レーザーが白だのピンクだのグリーンだの綺麗でしたよ。星も綺麗やったし。明日香のお年寄りは驚いたんとちがいますか?」とのコメントです。

私とMちゃんとお食事をご一緒した方は、私が大阪まで戻る途中なので近鉄奈良と西大寺で下しました。

道中では、ライブの後の感想をはばかり無く話せる至福の時。

新しく剛君ファンになった方の目線が新鮮。

彼女の「もっと見たい聞きたい」と言う願いが叶いますようにと思えました。暗い道なのにタクシーもバスも使わずに徒歩で歩かれる方もチラホラ。チャレンジャーだと思えました。

今度のライブで痛感したこと。
事前の情報収集の大事さです。そして出来れば綿密に計画を立てた方が良いと言う事。皆で協力し合うことの大事さ。愛は求めるのじゃ無くて与えることと言う剛君の言葉。

大阪のホテルに着いたのが11時過ぎ。ドライバーさんのアドバイスに従って良かったと思えます。

なんとタクシードライバーさん、13時間も私とお付き合いしてくださったと言う事です。本当に長い時間有りがとうございました。
彼が居なければ、母との吉野も実現出来なかったでしょうし、今回も奈良に泊まって翌朝間に合わないという悲惨な結果になるところ。

何よりも着物のままライブ参加になったはず(それは避けたい)

なんじゃかんじゃで大阪のホテル。ホテルの階数24階
画像


次の日も凄いスケジュールでしたから、大阪に泊まって大正解。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)