本当に今更ですが^_^;忙しかった その4(何気にジャニーズの方との繋がるキーワードが沢山)

ほんと今更ですが。27日の土曜日の事書きたいと思ってます。
変なとこ頑固と言うか融通が効かないと言うか、ケジメなので、キンキの新曲を書く前に。

ジャニーズさんとは全く関係の無いコンサートなのですが、神津善行氏の「六華仙」コンサートなのですが。

これは琵琶や二胡や琴、ドラムやピアノハープ、マリンバと言うように日本の楽器と中国の楽器と西洋の楽器とのコラボレーションコンサートです。

凄く面白かったのですが、途中で草原をテーマにアレンジしたクラシックの曲で、中国のなんと言う楽器なのか小型のシンバルのようなものを鳴らす場面で東山さん主演の蜷川舞台「覇王別姫」で良く使われた音と同じなので、思わず思い出してしまいました。ジャニーズ関連キーワード その4

東山さんと蜷川さん。今度は三島由紀夫氏が生前「同じキャストで同時に上演するのが悲願だった『サド侯爵夫人』と『わが友ヒットラー』に出演なさる東山さん。凄い事だと思ってますよ。

話を戻しますが、クラシックを判り易くアレンジなさっていて、そして琴や琵琶や二胡の音が西洋楽器と本当に良くマッチして凄く素敵なコンサートでした。

そしてメンバーのお父様が亡くなられたことから「レクイエム」が演奏されたのですが、「SHOCK」をご覧の方はお判りと思えますが、この曲が劇中のシェークスピアのシーンで使われています。思い出しちゃいますよ、この曲聴くと。ジャニーズ関連キーワード その5

私ですらそうなんだからファンの方は「レクイエム」聞くたびに台詞が蘇るんじゃないかしらん?

中国のシンバルの音聞いただけで、「覇王別姫」のあのちょっとほこり臭い舞台の匂いとともに思い出して懐かしくなってしまったのだから。

こう言う全くジャンルが違う面白い経験が出来ると言うのは幸運だと思ってます。

神津さんは結構なお年だと思えますが、全部立ったままで演奏を見ています。指揮はなさらず。

「世の中がこういう時代だからこそ、中国と日本の楽器をコラボして行こう。民間外交を音楽を通じてやっていこう」と

本当にその通りだと思えます。

期せずして午後の早い時間は「ブルガリア大使公邸でのパーティ」に出席して、それこそ民間外交の末席に連ねさせて貰いましたし、夕方からは六華仙コンサート。

実は次の日も大使とご縁が有って。

何時の日にか、剛君も「奈良観光大使」から「日本の歌の大使」になって欲しいものだと思ってます。え~、どうせイタイファンの戯言ですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい