「ラッシュ 友情とプライド」舞台挨拶付き初日公開(映画のネタばれあり)の映画の感想とレポモドキ

最近、ブログの更新すらままならず。ドタバタとした日々を過ごしておりましたが。

キンキキッズが映画「ラッシュ」の吹き替えを担当しました。その公開を記念して2月7日10:00と13:45から東京のTOHOシネマズ日劇で舞台挨拶つきの吹き替え版「ラッシュ」が公開されました。

色々とすったもんだ有りながら(なんと7日を土曜日だと勘違いしていました)10時の回に行く事に。同行者は無理だろうとは思いつつメールしたら来る!との事。

彼女の予定を聞いて、その後の予定を立てることに。この「予定を立てる作業」大好きです。色々と下調べしまして、大体二つのプランを作りました。

閑話休題

当日は、万が一、電車に何か有って辿り着けないといけないので、早めに出ました。

有楽町駅から歩いてすぐの「TOHOシネマズ日劇」11階までエレベーターで上がります。
まだ開いていないのですが、早くも人が沢山います。

画像


画像


ご一緒する方が現れたので、入場。

これを貰います。「舞台挨拶で使います」との事で、チェッカーフラッグを貰います。結構固めのしっかりとした紙です。しかし激しく振ったので少々破れました。
画像


会場は勿論、一杯です。

映画が始まります。

ネタばれしますので、お嫌な方は読まないでください。


映画は先行上映で「吹き替え版」「字幕版」を見ていて、内容はバッチリ!でも何回も見たくなる映画である事は間違い無いです。

映画の感想ですが、これはF1に興味が無い方や女性にぜひ見て欲しい映画です

最初から最後まで退屈なんかする暇無し。私がキンキキッズの堂本剛さんのファンであるから!と言う贔屓目無しに面白い映画だと思えました。一緒に行ったF1にもキンキにも一欠けらの興味も無い男性ですらも「面白かった!もう一度みたい。人にも勧めよう」と。この人がこういうコメントするのは珍しいです

この映画の見所。細かい部分も手抜きしていないところかも。イタリアでのロケでは、イタリア訛りの英語だとか英国人の人はブリティッシュ英語だったり、主人公のラウダさんはオーストリー出身なのでドイツ語っぽい英語だったり。臨場感が有ります。そして女性の私には、ラウダさん&奥様のファッションも素敵です。

それもそのはず、ハントさん&奥様のスージーさんは、グッチ。ラウダさん&マルレーヌさんはフェラガモ。しかもラウダさんの衣装は、フェラガモの70年代のモノを参考に、新たに凝ったディテールで作り直したんだとか。


ハントさんと奥様の結婚式は英国風のチャーチで山高帽をかぶって、そして新婚旅行は「ジャストマリッジ」のプレートつきの車で。ラウダさんと奥様は役所で公証人を立てて地味に。しかしスペインのイビサ島のプライベートなハネムーン。ラウダさんのプロポーズの言葉、本当に女性の心は揺さぶられるのじゃないか?と思いますし、ハネームーンのプールのシーンとか女性好みじゃないかな~と思います。

続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス