奈良滞在2時間半 最短記録を打ち立てた日その1

7月1日

7月1日、家族が留守なので一日フリーになる事が決定。そして金曜日から耳の病気にご利益がある神社仏閣をネットで調べていた私です。見つけた神社が「耳守神社http://www.nihon-kankou.or.jp/ibaraki/082368/detail/08236ag2132062642茨城県です。

アクセスを見ると、電車じゃとても大変みたいだし、車も結構大変のようです。でも「耳を守る」神社。これは行かねば・・と

しかし我が車、ちょっと調子がよくないようなので、長距離の高速は怖い気が。高速を使って神奈川→東京→埼玉→茨城ですから・・半分以上は土地鑑の無い場所ですので、余計に不安。

金曜日にレンタカーをネット予約。そして土曜日、レンタカーを借りに行く事にして、車で送ってもらいました。着いて手続きしようと思ったら、免許が無い!カードケースから出すはずが無いし、落ちるような作りのカードケースじゃないので、思い当たるとしたら、ちびさんがカードを出すのが楽しいらしく、いつもそれで遊んでいたので、電話で確かめるも無いと・・

焦った焦った・・落とした?再交付?土曜日だしどうしよう・・

でも家に戻って対策を考えようと思ったら、なんと「家に落ちてたよ~」と暢気な声が。

落とす訳も無いカード・・でも安堵で一遍に気が抜けて、ドライブ中止。実は金曜日から「本当に行っていいのかな~」と思う気持ち(詳しい事情は、神社サイドに失礼なので、書きません)と「剛さんの耳の病気平癒に行きたい」と言う気持ちがせめぎ合い・・

でもやっぱり、トラブルの後、時間も無くなって来たし、取り止めに。東京にボランティアで(笑)手伝いに行く事にしました。

どうも「行ってはいけない」と言う気がしまして。

長い前置きを一旦切りまして、怒涛の一日の記録します。



6月28日銀魂ジャパンプレミア感想

席に着くと、舞台が近い。アリーナに二つの入場ゲートが。どうやらそこから登場するようです。剛さんは来られないののが判っていますが(この日は生放送があったのですが、後で知ったのですが、なんと生放送も欠席で入院したと)ワクワクしていました。

以下の感想は、剛さんの入院を知らない状態での感想ですのであしからずです。

舞台挨拶はもう抱腹絶倒でした。勘九郎さんがほとんど「全裸」で出演のため・・で、ピー音が掛かるような言葉を連発。もう笑っていいやら悪いやら・・共演者の方が「ダメでしょう~、そんな言葉連発しちゃ~」と。

でもこの時の事はインターネットの同時中継とかテレビで結構流れていたようなので、省略させてもらいます。

本編が始まるや、もうおふざけが・・その辺から笑っていました。しかし監督さんから本編のネタバレは禁止!と固く言われてますので、内容は言えずなのですが・・

この映画、人気漫画の人気を当てにした映画じゃなくて、もう登場人物の一人一人がなりきっていて、しかも全員が演技が上手い!私は原作ファンなのですが(一巻から全部読んでいます)原作との違和感はまるで無し・・。原作の登場人物が、そのまんま動いている感じです。しかも笑いあり涙あり、アクションも凄いし・・アクション監督は別にアクション監督がおられるそうで、そのアクションはスピード感が溢れていて、息を呑む迫力です。

そして「大丈夫か?」と思うような他の映画を髣髴させるシーンも出てきて、これはあの映画かな~と探す楽しみも有りますので、何度も見て損は無い映画だと思います。

老若男女、全ての人が楽しめる映画化と思います。

そして我等が堂本剛さん。おそらく「33分探偵」「天魔さんがゆく」のコメディーナ剛さん、「プラトニック」の透明感溢れる青年を想像してみると。背負い投げされますよ。

もうね、「高杉」がそこにいる。世をはかなみ、絶望した暗い目の、ニヒルな高杉が。

目で、睫で、口元で、そして足で(笑)全てを語っています。

福田監督天才です


最後のクライマックスからのエンディング映像・・あれは反則です。書きたいけれどもネタバレ禁止なので書けない・・おそらく見た方はビックリすると思いますよ。

そしてエンドロール、爆笑と共に驚きの声が・・やっぱり福田監督は天才です

銀魂 ジャパンプレミア参加

6月28日

「銀魂」が実写化されることに決まって浮き立つ私。そしてなんと大好きな堂本剛さんが高杉に決定しました。本当は「エリザベス」役が良かったのですが

それはともかく「ジャパンプレミアム」が行われると聞いて、張り切る私。情報を集めて、応募しました。でも年齢制限でアウトになるだろうな~とは覚悟していましたが。

ところが、ある日、郵便受けに封筒。買い物に行くところだったので、普段だったらダイレクトメールだろうと封も開けずにゴミ箱に直行行きなのですが、とりあえずバッグの中にしまってそのまま買い物に。

夕飯お買い物とかし終わって、準備をしているうちに、封筒の存在を忘れていました。しばらくしてバッグの中からお財布を!と思うと封筒が。一応、開けてみると中からは葉書が・・
捨てなくて良かった~と思う私。

面白い事に、葉書にも私の住所氏名が書いて有ります。?と思うと小さな字で「銀魂ジャパンプレミア招待券」と。
封筒は捨てましたが、葉書は当日引き換えの時に、没収となりそうなので、当日慌てて写真を。表は銀色の紙に白い細かい字でビッシリと注意書きが。バーサンには酷です
画像

裏は写真です。
画像


前の日までドタバタとしていた私で、何の準備も出来ていない。注意書きには「14時からチケットと引き換え。席はアットランダムなので、早く来られても良席とは限りません。18時20分より以降は、引き換え出来ませんし、それより前でも枚数が無くなり次第、引き換え終了です」とは書かれていましたが、ちょっと甘くみていました。

水道橋に到着して、ホールに着くと、なんと「ディズニーランドか?」と思う列が・・

それでもまだ暢気にしていましたら「今、お並びでも枚数終了となったら配布は出来ません」とか無情の言葉に、焦り始める私でした。

一般公募は銀座の葉書で、ファンクラブは黒と青の葉書だとアナウンスが。余計に焦る私です。え~、一緒なの?ますますチケット引き換え出来るのか?って。 
なんじゃかんじゃで一時間以上は待ち、やっと待望のチケットを手にしました。 
画像

もうお腹は空くし疲れたし、でも3時近いので何処もランチ営業終了。
そこで「やからね」で剛さんが食べていた叙々苑の焼き肉でもと。番組は大阪のニューオータニのなかでしたが。ここもロケ地巡りしています。
本日は一人焼き肉。番組ではロースでしたが、タン塩のすだれを。
画像
サラダと冷麺も
画像
画像

ご一緒する方が17時頃到着とのこと、ホテルでコーヒーとケーキを
画像
いよいよ入場
目についたのが、これらの展示
画像
画像
画像
そして入場時に頂いたチラシ他
画像

誕生日祝いのランチ

6月15日

私の誕生日と「ドラえもん」のジャイアンの誕生日でも有ります。
家族が予約してくれてランチを。

前の晩に美味しいフレンチ食べたので、ちょっと困惑しましたが、サプライズだそうで。
画像
画像
画像
画像
ケーキの代わりにフルーツのバースデープレート
画像

剛さんもロケの時に訪れた事の有る海辺のレストランからの夕日

6月14日

お誕生日前の日に、会合が有り、ロケによく使われて、歌の歌詞にも登場して、剛さんもロケの打ち上げに来たはずの(雑誌に出てました)レストランに来ました。

凄いきれいな夕日だったので、思わず。
画像
画像
画像


そうしたら、なんと水族館でしか見たことの無いエイが泳いでいました
画像


食事は美味しかったですね。ここは前は熊谷喜八シェフがお勤めしていました
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

小学校の社会科見学以来の国会見学

5月17日

小学校の社会科見学以来の国会議事堂見学に行って来ました。

議員さんの部屋でお話を聞き、その後、裏から見た国会議事堂を映したのですが、凄く不気味な写真になってしまったのですが・・この裏から見る議事堂は、議事堂内に入らないと映せないので貴重だと言われましたが。
画像
画像


正面から見た国会議事堂
画像


そして国会内の写真撮影が出来る場所のみ、写して来ました。
画像

天皇陛下のお席
画像


立派な天井
画像


中はともかく立派で、品格が有りました。どうかその中におられる方々も、建物に負けない品位を持って頂きたいと思いましたよ

「ブンブブーン」の時は、羽田の国際線ターミナルでしたが、国会議事堂の吉野家さんの牛重の看板。残念ながら、食事は議員会館でしちゃいましたので、看板だけ
画像


その後、絵画館へ。しょっちゅう車の中から見るのですが、中に入るのは初めて・・
画像
画像


中は撮影禁止だと思いますので、外観だけ。

銀座シックス地下3階の能楽堂&「ブンブブーン」ロケ地

アップする時に前後しちゃってます。すみません。

4月25日

オープンしたばかりの銀座シックスでの「能楽」に招待されて行く事に。チケットの座席が「24番」
画像


しかし早く着き過ぎちゃいましたので、「ブンブブーン」エレファントカシマシ宮本さんの回のオープニングのビルとその上のレンタル着物屋さんに行く事に
オープニングの場所
画像

レンタル着物屋さんに行くエレベータの上の時計が「フランクミュラーっぽい」(本物だったら、ごめんなさい)
画像


ここの着物は「レンタルと販売」の両方ですが、エッフェル塔の訪問着・モンサンミッシェルの訪問着にビックリ。着るよりも観賞用だそうです。

その後、能楽堂に
画像
画像
画像


海老蔵さんからのお花
画像
画像