EternalTuyoshi'sRoom(剛君語り

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月28日銀魂ジャパンプレミア感想

<<   作成日時 : 2017/07/06 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

席に着くと、舞台が近い。アリーナに二つの入場ゲートが。どうやらそこから登場するようです。剛さんは来られないののが判っていますが(この日は生放送があったのですが、後で知ったのですが、なんと生放送も欠席で入院したと)ワクワクしていました。

以下の感想は、剛さんの入院を知らない状態での感想ですのであしからずです。

舞台挨拶はもう抱腹絶倒でした。勘九郎さんがほとんど「全裸」で出演のため・・で、ピー音が掛かるような言葉を連発。もう笑っていいやら悪いやら・・共演者の方が「ダメでしょう〜、そんな言葉連発しちゃ〜」と。

でもこの時の事はインターネットの同時中継とかテレビで結構流れていたようなので、省略させてもらいます。

本編が始まるや、もうおふざけが・・その辺から笑っていました。しかし監督さんから本編のネタバレは禁止!と固く言われてますので、内容は言えずなのですが・・

この映画、人気漫画の人気を当てにした映画じゃなくて、もう登場人物の一人一人がなりきっていて、しかも全員が演技が上手い!私は原作ファンなのですが(一巻から全部読んでいます)原作との違和感はまるで無し・・。原作の登場人物が、そのまんま動いている感じです。しかも笑いあり涙あり、アクションも凄いし・・アクション監督は別にアクション監督がおられるそうで、そのアクションはスピード感が溢れていて、息を呑む迫力です。

そして「大丈夫か?」と思うような他の映画を髣髴させるシーンも出てきて、これはあの映画かな〜と探す楽しみも有りますので、何度も見て損は無い映画だと思います。

老若男女、全ての人が楽しめる映画化と思います。

そして我等が堂本剛さん。おそらく「33分探偵」「天魔さんがゆく」のコメディーナ剛さん、「プラトニック」の透明感溢れる青年を想像してみると。背負い投げされますよ。

もうね、「高杉」がそこにいる。世をはかなみ、絶望した暗い目の、ニヒルな高杉が。

目で、睫で、口元で、そして足で(笑)全てを語っています。

福田監督天才です


最後のクライマックスからのエンディング映像・・あれは反則です。書きたいけれどもネタバレ禁止なので書けない・・おそらく見た方はビックリすると思いますよ。

そしてエンドロール、爆笑と共に驚きの声が・・やっぱり福田監督は天才です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

マイリンク集

6月28日銀魂ジャパンプレミア感想 EternalTuyoshi'sRoom(剛君語り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる